おもてなし規格認証の「紅(べに)」を取得しました。


この度、ごーやー荘では経済産業省の「おもてなし規格認証」の「紅(べに)認証」を取得しました。

おもてなし規格認証とは、経済産業省が制度化したサービス業事業者のサービス品質を「見える化」して認定するもの。

おもてなし規格認証制度で求められる高品質なサービスとは以下のようなものです。

  • 「経営・業務改善」(分煙・禁煙などのお客様や従業員の健康への配慮や顧客満足度向上や地域貢献のための整備運用)
  • 「IT導入・活用」(ウェブやSNSでの情報発信やICチップ内蔵クレカ対応決済の導入など)
  • 「インバウンド対応」(外国語でのメール・電話対応やコミュニケーション、施設内の多言語化・ピクトグラム設置など)

これらについて30項目のうち15項目以上該当すると規格認証されます。

認証の種類には「紅(べに)認証」「金認証」「紺認証」「紫認証」と4つあり、ごーやー荘が取得したのは自己適合宣言型の「紅(べに)認証」になります。

正直なところ、IT(ウェブやSNSでの情報発信やICチップ内蔵クレカ対応決済の導入など)についてはほとんど趣味のような感じで以前から導入してましたし、インバウンド対応も外国人のお客様が増加することで多言語化なども自然と対応して行ってきました。
「経営・業務改善」も私一人で切り盛りしてきたので、近隣の皆様とのコミュニケーションも取ることで培われてきました。

今回、紅認証に適合しましたがこれに甘んじず、よりよいおもてなし、うちなーぐちでの「うとぅいむち」をさらに磨きをかけていきたいと考えています。

そのためにもクラウドファンディングを成功させて、ウェブサイトのリニューアル、古民家リフォームに余裕を持って着手したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です